【徹底解説】ラグドールに絶対おすすめキャットフード5選!-餌(かりかり)の選び方-

Всем привет!

こんにちは、Nem.です。

 

ラグドールのはどんなキャットフードを与えたらいいかわからない!
おすすめのメーカーは?グレインフリー?ダイエットフード?

本記事ではラグドールにおすすめのドライフードの紹介や、キャットフードの選び方を紹介しています。

私もラグドールを飼っているのですが、どんなフードを与えたらいいのか最初の2年くらいはずっと悩んで試行錯誤を繰り返しました。

どのサイトもたいてい同じ商品を紹介していてあまり参考にならなかったって経験があるんですよね(笑)

今は分かりませんが。

そんなこともあって、これからラグドールを飼う人、すでに買っているけどラグドールにおすすめのフードを知りたい方の参考になる記事を書いて少しでもお役に立てればなと思い本記事を書きました。

 

お付き合いいただければ幸いです。

 

ラグドールにおすすめのキャットフード5選

まずはラグドールにおすすめのドライフードを5つ紹介します。

1位:ジャガー
2位:ワイルドレシピ
3位:テイストオブザワイルド ロッキーマウンテン
4位:フージーキャット サーモン&チキン ポテト&グレインフリー
5位:カナガン

選考基準は豊富なたんぱく質、グレインフリー、可能な限り人工的な香料・保存料・着色料不使用の3つです。

食いつきで重視ならジャガーかカナガン。

コスパで重視ならテイストオブザワイルド。

高たんぱく低カロリー重視ならフージーキャット。

豊富なフレーバーとバランス型ならワイルドレシピ。

こんな感じです。

それでは商品を紹介していきます。

 

1位:ジャガー

ジャガー2

ジャガーは高たんぱく・穀物不使用・動物性タンパク質80%以上のラグドールにうってつけのプレミアムキャットフードです。

高級食材をふんだんに使用しており、健康だけでなく美味しさにもかなりのこだわりが見られます。

腹が立つほどグルメなうちの猫もジャガーならしっかりと食べてくれます(笑)

難点を挙げれば少しお高いのがネックです。

ただ定期コースで購入するとお得に購入できますし、解約&再開も繰り返すことが可能なので、まとめて買っておいて解約してなくなる頃に再開すればお得に購入できます。

高品質で食いつきのいいキャットフードをお探しの方におすすめです!

■ジャガーの特徴

・人間も食べられるほど上質で新鮮な食材をふんだんに使用
・動物性タンパク質80%以上
・穀物・着色料・香料不使用
・欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした施設で製造

対象年齢:全年齢
たんぱく質:40%
100gあたりのエネルギー:383kcal
原産国:イギリス

 

\公式からお得に購入/

2位:ワイルドレシピ

ワイルドレシピは高品質なチキンを第一主原料に使用、さらに厳選自然素材を使用し、成猫に適切な栄養バランスも配慮されているプレミアムフードです。

本来肉食である猫ちゃんのために穀物を原材料として使用せずに、消化性に優れた高品質なエンドウマメやポテトなどを使用しています。

3種類のフレーバー(チキン・白身魚・サーモン)があるので、猫ちゃんの好みに合わせられるのもGOODです。

どちらかといえば大粒の方が好きなうちの猫はワイルドレシピの粒の大きさに満足してくれているみたいです。

大粒で高品質な穀物フリーのプレミアムフードをお探しの方におすすめです!

■ワイルドレシピの特徴

・本来肉食である猫ちゃんのために高品質なチキンをふんだんに使用
・穀物が苦手な猫ちゃんの健康維持と消化吸収にも配慮されている
・素材にこだわり
・味のバリエーションが豊富
・結構大粒

対象年齢:子猫用・成猫用あり
たんぱく質:40%以上
100gあたりのエネルギー:380kcal
原産国:アメリカ

 

ちなみに子猫用もあります。

子猫用はさらに高たんぱく高カロリーなので成長過程の子猫にはぜひ与えたいキャットフードですね。

子猫用は小粒です。

3位:テイストオブザワイルド ロッキーマウンテン

テイストオブザワイルドロッキーマウンテンは、他のキャットフードよりも高たんぱく(42%)で穀物不使用のプレミアムフードです。

チキンを主原料に嗜好性の良いロースト鹿肉・スモークサーモンを使用している、サツマイモ・ジャガイモ・トマト・チコリ根などの野菜や、ラズベリー・ブルーベリーなどの果物も使用しているので足りない栄養素を満たしてくれます。

さらに、猫ちゃんの健康維持の為にビタミンやミネラルも配合されています。

他の高品質なキャットフードよりもコスパ面で優れていると思います。

高たんぱくで高コスパなキャットフードをお探しの方におすすめです!

■テイストオブザワイルドの特徴

・AAFCO(米国飼料検査官協会)に適合したフードなので安全
・オメガ6・オメガ3脂肪酸がバランス良く配合されていて、皮膚や毛艶に良い
・他の商品よりも高たんぱく(42%)
・高品質にしてはお安い

対象年齢:全年齢
100gあたりのエネルギー:374kcal
たんぱく質:42%
原産国:アメリカ

 

4位:フージーキャット サーモン&チキン ポテト&グレインフリー

フージーキャットは一般的なキャットフードよりも高たんぱく(36%)のわりにカロリーが100gあたり360kcalと他の高たんぱくなフードよりもヘルシーです。

原材料は高品質のチキンとサーモンをベースに猫に最適な栄養を考えたものを使用していて、じゃがいもと穀物は不使用なので、穀物にアレルギーのある猫に最適です。

うちの腹立つくらいグルメな猫たちは残すことはあるものの、食いつきは他のフードより良く、このフードを与えてからは便の状態や毛艶も良好です。

それなりに高たんぱくなフードを与えたいけどカロリーも抑えたいとお考えの方におすすめです!

■フージーキャットの特徴

・高たんぱく低カロリー(一般的な高たんぱくなキャットフード比)
・便と毛艶の状態が良くなった(気がする)
・他のフードより食いつきはいい

対象年齢:成猫
100gあたりのエネルギー:360kcal
たんぱく質:36%
原産国:アメリカ

5位:カナガン

カナガンは上質で新鮮な食材を使用して作った栄養たっぷりのプレミアムフードで、圧倒的人気を誇っています。

原材料にこだわりがあり、原材料の半分以上がチキンで、それ以外の食材も全て人間が食べられるもの厳選しています。

もちろん穀物・着色料・香料不使用です。

結構ニオイが強いので食いつきが渋い子に試してみてほしいです。

うちのグルメ猫もよく食べていましたが、カロリーが結構高いので最近は与えてないです。

高カロリーで食いつき抜群なフードをお探しの方におすすめです!

■カナガンの特徴

・獣医師も推奨
・チキン60%以上で、上質で新鮮な食材を使用して作った栄養たっぷり
・ニオイ強め
・人気商品

対象年齢:全年齢
100gあたりのエネルギー:390kcal
たんぱく質:37%
原産国:イギリス

 

\公式からお得に購入/

 

ラグドール向けキャットフードの選び方

スーパーなどで売っている安価なキャットフードの中には、猫が消化しづらい穀物などでかさ増ししているフードが多いです。

このように穀物でかさ増ししたフードでは、カロリーは足りていても必要な上質なタンパク質をしっかり摂取できていないことがあるので要注意です。

◆たんぱく質豊富なフードを選ぶ

どの猫種であっても基本的に良質な動物性たんぱく質が必要になってきます。

もちろんラグドールも当てはまり、むしろ他の猫よりも高たんぱくなキャットフードを選んであげる必要があります。

ラグドールはがっしりとした骨格と筋肉質な体を維持するためにたんぱく質を多く摂取する必要がありますからね!

たんぱく質量が25%以上のフードが高たんぱくフードと聞いたことがありますが、私の場合30%以上を最低ラインに見ています。

ただし成長しきったらもう少し低くても問題ないでしょう。

ラグドールは他の猫と比べると運動量が少ないので、成長しきってからはカロリー管理にも気を付けたいですね。

 

◆穀物不使用(グレインフリー)を選ぶ

本来猫は肉食です。

猫は穀物の消化は苦手で、負担がかかってしまうといわれています。

また穀物が入っているものはアレルギーの原因となる場合もあります。

穀物入りでも問題ないとは思いますが、私は可能な限り穀物不使用のキャットフードを選ぶようにしています。

 

◆添加物フリーのフードを選ぶ

極力添加物フリーのキャットフードを選んだ方がいいです。

おやつなども添加物フリーのものを選ぶようにしましょう。

せっかく健康にいいフードを選んでもおやつで悪いものを摂ってしまうのは意味がないですからね。

ちなみに赤色102号、赤色106号、黄色5号、青色1号の4つの合成着色料は健康に害があると言われているので与えないように気を付けましょう。

 

ラグドールの目安の食事量や頻度

 

初めて猫を飼う人は猫の食事量や頻度はどうしたらいいのか分からない人も少なくないと思います。

私がそうでした(笑) 丸一日かけて辿り着いた結論をご紹介します。

なんて大げさに書きましたがいたってシンプルです。

ラグドールの1日の食事量

キャットフードごとに目安の量が書いていますのでそれに従っておけばいいでしょう(笑)

本当にシンプルにこれです。従っていればとりあえず問題はなさそうです。

どのフードにも目安量が書いているので、それに従って与えながら微調整していけばいいと思います。

 

おしえてマン
ラグドールは数年かけて成猫になると言われていますが、いつまで子猫用のから大人用のキャットフードの切り替えはいつがいいの?

 

なんて疑問に思った方も少なくないと思います。

私も過去にこれでめちゃくちゃ悩みました。

調べても微妙な回答が多かったので動物病院の先生とペットフードの詳しそうな人に聞いてきました。

 

ドクター
1歳くらいを目安に子猫用のフードから大人用のフードにかえたらいいですよ!

との回答をいただきました。

ペットショップの方からも似たような回答をいただいたので、1歳くらいを目安にするといいでしょう。

私も成長具合を見ながら1歳くらいで大人用のフードにかえました。

その辺めんどくさければ全年齢用のフードを与えていれば問題ないんですけどね。

 

餌を与える頻度

これに正解はないと思います。

子猫のときはこまめに与えるのがいいことだけは確かですが。

私は子猫には1日4~5回に分けて与えていました。

成長するにつれ、徐々に減っていき、今では朝夕の1日2回で落ち着いています。

1回ごとに数回に分けて与える人もいれば、なくなる都度与える人もいるので、明確な正解はないと思います。

人間と猫のライフスタイルに合ったものを見つけるしかないですよね。

 

ちなみにお仕事などで決まった時間にえさを与えられない方は自動給餌器がおすすめです。

自動給餌器とは自動決まった時間に自動でご飯をあげることができる忙しい飼い主さんに必須アイテムです。

↓こんなやつです。

カリカリマシーンSP】

自動給餌器でおすすめ商品は「カリカリマシーンSP」です。

カリカリマシーンSPは遠隔操作で外出先からごはんをあげられ、スマホのカメラやマイクやスピーカーと連動することで、離れた愛猫ちゃんの様子を確認したり、声をかけて呼びかけることも可能な優れものなんです!

気になる方は詳しくはこちらでご確認ください。

 

 

はじめて猫を飼う方は、飼い方や何を用意したらいいかがわからずに不安になる人も少なくないかもしれません。

私がそうだったのできっと他にも少なからずいるのかな・・・分かりませんが。

そんなわけで、もし猫を飼う上で不安なことや知りたいことがあれば私でよければ相談に乗ります。

とは言えプロではないので、あくまで私の知っている答えられる範囲でですが。

病気のことや命にかかわることは責任を持てませんので病院でよろしくおねがいします。

 

 

それでは今回はこれくらいで。

ぱかぱか

 

ブログランキングに参加しています。
応援していただけると私も猫たちも嬉しいです!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


猫用品・グッズランキング 

P.S.もし応援してやるよという方がいれば、下のリンク先からお布施メッセージしていただけますと励みになります。

応援していただけますと、息子に買うハンバーガーがビッ○マックになるかもしれません。

もしよければ。

https://ofuse.me/ofuse/priveeet

最新情報をチェックしよう!