【SNSで使える猫英語!】SNSでよく見かけるFurriendの意味を解説します!

Всем привет!

こんにちは、yuuuuu.です。

 

今回のSNSで使えるにゃん英語は、“Furriend(s)”です。

 

このにゃん英語がどんな意味を持っているか…分かりそうですかね?

スペルを見るとなんとなく予測できるかもしれませんね。

 

今回紹介するにゃん英語も、前回紹介した“Pawsome”と同様に海外の猫好きさんに頻繁に使われているので、この記事を読んだあとにでも、実際に使ってみてください!

 

関連記事

Всем привет! こんにちは、yuuuuu.です。   突然ですが...   You're soooo pawsome! この英文の日本語訳ができますか? 注[…]

 

今回紹介するものを覚えて、世界中の猫ちゃんや、猫好きさんとつながりましょう!

きっと新しい素敵な世界が広がりますよ!

 

 

お付き合いいただければ幸いです。

 

 

Furriendの意味

Furriends

Furriendは、3つの単語を組み合わせた造語です。

どんな単語を組み合わせたものか…分かりますか?

 

Furriendは、Fur + Purr + Friendの3つの単語を組み合わせたにゃん英語です。

 

たいていのにゃん英語は2つの単語を組み合わせたものが多いので、これは少し珍しいケースかもしれません。

 

Furは、「毛皮」とか「ファー」ですよね。

Purrは、「(猫がゴロゴロと)喉を鳴らす」とか「ゴロゴロ音」という意味です。

Friendは、「友達」ですよね。

 

この3つを合せたものが“Furriend”です。

 

意味は、「(猫)友達」です。

猫同士にでも、人間同士にでも使っています。

 

“Pawsome”同様に、“Furriend”も海外の猫好きさんが頻繁にSNSで使うにゃん英語です。

私は、SNSで海外の猫好きさんの投稿をぼけーっと眺めることが好きなのですが、たしかにこれよく見かけます。

 

ちなみに、にゃん英語とは言っていますが、ワンちゃんにも使っています。

ワンちゃんも可愛いですよね!

どっちも大好きです。

 

ちなみに、“Furriends”のように、複数形で使われることが多いです。

 

Furriendの使い方

Friendと同じなので簡単です。

例えば、朝の挨拶とかで使うのをよく見ますね。

 

Good morning Furiends!

とか、

 

Have a pawsome day furriends!
(良い一日を!)

 

みたいな感じですかね。

 

SNSでは、このような感じで使われています。

 

 

#Furriends で、検索するといっぱい猫や犬の画像や動画がでてきますよ!

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Best Cat Clips(@catbestclips)がシェアした投稿

 

 

 

今回の“Furriend”も、“Pawsome”同様に理解してしまえばとても簡単なにゃん英語です。

ここまで読んでくださったみなさまは“Furriend”を使いこなせると思います!

 

TwitterやInstagramなどで、“#furriends”と検索したり、

自分の投稿に“Furriends”を入れれば、世界中の猫好きさんとつながれちゃいます!

ぜひともこの“FURRIEND”を使ってみてくださいね♪

 

私はにゃん英語は勉強中なので、

「こんなにゃん英語あったよー!」などあれば、教えていただけますとめちゃくちゃうれしいです。

 

それでは今回はこれくらいで。

Have a pawsome day all my furriends!

ぱかぱか

 

 

 

 

P.S.もし応援してやるよという方がいれば、下のリンク先からお布施メッセージしていただけますと励みになります。

応援していただけますと、息子に買うハンバーガーがビッ○マックになるかもしれません。

もしよければ。

https://ofuse.me/ofuse/priveeet

 

最新情報をチェックしよう!